WordPress 投稿と固定ページの違いと使い分け方

WordPressのコンテントは大きく分けて、投稿(Post)とページ(Page)の二種類があります。簡単に違いを説明すると、投稿はブログ、固定ページはホームページ向きのコンテントに使用します。時系列順に記事を投稿する日記的な用途がブログの原点、元来の使い方です。

ブログプラットフォームとして登場したWordPressは、今ではブログだけではなく、ホームページなどを作成するCMS(コンテントマネージメントシステム)としての用途でも採用されています。WordPressの普及と進化の過程で、加わったのが固定ページと呼ばれる機能です。

固定ページ機能を備えない、ブログ本来の投稿機能のみのブログサービスも少なからずあります。現時点で、アメブロ、はてなブログ、Seesaa、ライブドアブログでは、基本的に投稿ページのみで、WordPressの固定ページのような機能は備えていません。(簡易的な固定ページの様な使い方をできる(限定された)機能はあります。)

投稿だけでなく、固定ページの作成、活用ができることも、WordPressの特徴の一つです。

本記事では、WordPressの投稿と固定ページの特徴と両者の違い、使い分け方について紹介します。


スポンサーリンク

投稿

投稿は、ブログ元来の機能です。通常、サイトのコンテントのほとんどは投稿で行われます。本サイトもそうです。投稿は特に指定しない限り、時系列降順(新しい記事順)で、最新の話題が先頭に表示される様になっています。

最新の話題、注目の話題は、SNSなどでシェアされることも多いです。投稿は、ソーシャル(社交的)な用途にも使われることが多いです。コメント機能を備えているのも投稿の特徴です。(固定ページはコメント機能は持ちません。)

新たな投稿は、RSSフィードに配信されます。RSSフィードを利用して、Feedlyなどで最新の投稿を購読することも可能となります。

過去の投稿はアーカイブとして、ウィジェットなどを利用して、月、年の単位で見る(表示する)ことができます。WordPressでは、過去の投稿を探しやすいように分類するアーカイブやタグの機能が用意されています。

固定ページ

投稿が動的性格(要素)を持つのに対して、固定ページは静的な性格を持っています。固定ページは、英語ではStatic Page, Static Content Pageと呼ばれたりもします。

固定ページは、Aboutページ、プライバシーポリシー、お問い合わせページ等、サイトの基本的な情報を掲載する用途に適しています。

Webサイトでは基本用途となる会社案内、新卒者向け情報、投資者向け情報ページ、メディア掲載実績等の情報の掲載は、投稿ではなく固定ページが適しています。

最新の話題など、情報の新鮮さが問われるような用途に固定ページは適していないため、RSSフィードにはデフォルトで含まれていません。

投稿とは異なり、固定ページには、コメント機能はありません。プライバシーポリシーやお問い合わせページ等に、コメント欄があった違和感があります。

カテゴリーやタグの分類機能を持たない代わりに、固定ページは親ページ、小ページと言うような属性を付加することができます。

固定ページの属性の利用例:

  • 本サイトについて(親)
    • プライバシーポリシー (子)
    • お問い合わせ
  •  会社案内
    • 求人案内
    • 応募用法
  • 投資者向け情報
    • 2015年年次報告書
    • 2016年年次報告書
    • 2017年年次報告書
上記は例です。ページを親子の属性で必ず結びつけなければならないということではありません。属性は必要に応じて利用すると、利便性を高めることに繋がる機能です。

投稿と固定ページの違い

投稿と固定ページの違いは以下の通りです。

  • 投稿は時間(タイミング)要素を含む。固定ページは時間にとらわれない
  • 投稿は動的、固定ページは静的傾向を持つ
  • 投稿は分類化、固定ページは属性化を付与する機能を備える
  • 投稿はRSSフィードに含まれる。固定ページは含まれない
  • 投稿はコメント可、固定ページはコメント不可

投稿と固定ページの使い分け

About/プロフィール、お問い合わせ、プライバシーポリシー等、サイトの基本情報は、固定ページで作成するのが適しています。

投稿か固定ページ、どちらを使うかの目安として、メニューに含める項目か否かについて考えてみると判断しやすいです。メニューに含まれる項目は、固定ページで作成する方が適することが多いです。単体の投稿もメニューに含めることができますが、メニューの項目に適しているのは固定ページです。

投稿はカテゴリーやタグで分類されたグループとして、メニューに項目に含めるのに適しています。

投稿と固定ページを適切に使い分けることで、ユーザーの利便性を高めるサイトを構築することができます。


スポンサーリンク

WordPress 投稿と固定ページの違いと使い分け方
この記事をお届けした
Blogging Lifeの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする